おすすめ記事

まずは業界比較を

2016年6月1日 まずは業界比較を

仕事探しを成功させるためのポイントは何でしょうか。自己分析も大切ですし、キャリアプランを描くことももちろん大切です。そのほかに例えば資格の取得なども役に立つでしょう。しかし採用面接にて高評価を獲得し内定を得て転職活動を成功させるたには、業界研究をきちんと行いそのことを志望動機に反映させることがとても大切になるのです。なぜなら面接官の立場としてせっかく採用をした人材が簡単に辞めてしまっては困ってしまうため、そうならないように相手が本当に自分たちの業界のことを調べてきちんと考えた上で応募してきているのかを特に重視するからです。

他業界との比較が大事

業界研究を行う上でのポイントなのですが、志望する業界の仕事内容や慣習などがその他の業界とどのように異なるのかを意識して調べるようにしましょう。そのためにも一度は視野を広げて志望業界以外についても情報収集を行うことが大切です。そうして複数の業界のことを研究し知識が貯まると自分の中でこの業界は好き、この業界は好きでないという感想が生まれるはずです。そうすると好きな業界と好きではない業界でそれぞれの共通項について考えることができるようになりますので、それがあなたにとって業界を選ぶための軸になるのです。
このようにしてきちんとした軸を持ち、その軸にそって自分の志望業界を他の業界との違いも踏まえて語れると採用面接において高評価を得られます。そこまで徹底する転職志望者はなかなかいないからです。

将来性の高い業界

せっかく転職をするのであれば将来性の高い業界に転職をすることが良いのではないでしょうか。ここでいう将来性の高い業界とは業界全体の売り上げや所属する人数が伸びている業界です。そうした業界での仕事はやりがいも多く成長の機会も得られるため、将来に希望を持ちやすいのです。
特にIT業界、介護業界、観光業界が当サイトとしてもおすすめの成長業界ですので、詳しく情報をお届けしていきます。

公式アカウントについて

当サイトのTwitterアカウントは、当サイトの責任者が設置を認め正式に登録されたものです。なお、公式アカウント上で発信されている内容がそのまますべて当サイト運営者全体の見解を表しているとは限りません。運営者全体としての正式な見解は当サイトを通じてお知らせいたします。

お問い合わせ窓口

当サイト及び、当サイトのソーシャルメディアについてのご意見・お問い合わせは、当サイト管理人宛までお願いいたします。個人情報の取り扱いにつきましては、当サイトの個人情報保護方針に準じます。

PICK UP!!

必要とされる充実感 需要増が止まらない介護業界

必要とされる充実感

介護業界の中でも特に介護士の仕事は介護サービス利用者の方に対して入浴の介助や食事の介助、あるいは住居の清掃や食品の買い出しなどを行います。介護士の方がいなければ生活ができないので、相手と深く関わりますし必要とされているという実感を非常に強く感じることのできる仕事です。つづきへ